自社工場を持っているかどうか

市販のTシャツに魅力を感じるものがないといった理由で、自分でデザインしたオリジナルのTシャツ作りをする人も少なくありません。業者選ぶをする上で大事なポイントになるのが自社工場の有無です。業者の中には依頼を受けて生産は別に発注する代理店経営の所もあります。代理店業者の場合、作業スケジュールなどについて口を出すことができないという理由で、納期が指定できないケースも珍しくありません。自社工場を持っている業者であれば、スケジュールを調整できるので自分の好きなタイミングで納品してもらうことができます。期日に指定がある人はできる限り自社工場を持っている所に依頼をすることが大切です。

親身になって対応をしてくれるか

依頼をした時の対応は業者によって様々です。中には上から目線で高圧的な態度で接してくる業者もいます。こうした業者に依頼をしたことで、質問しづらい空気の中、相手の言うままに制作されてイメージと違ったTシャツになったという事例も少なくありません。実績が豊富で信頼できる優良業者は、クライアントの立場に立って対応をしてくれます。Tシャツ作りのノウハウがない人が初めて制作をする場合、分からないことだらけで不安を感じてしまうものです。依頼の段階で気軽に質問ができる雰囲気かどうかを確かめることが重要になります。

複数の業者で比較検討をする

一口にTシャツ作りと言っても、制作に掛かる費用は業者が自由に決められるので値段はピンキリです。一つの業者だけで判断をせずに、複数の業者から見積もりを取って比較検討をして決めなくてはいけません。

オリジナルTシャツを作った場合に自分で着るだけでは満足出来ずに販売する人がいますが、価格設定が高すぎる為に売れていない場合が多く見られます。自分の作品を過剰評価せずに販売する事が大切です。