電子タバコって何だろう?

電子タバコとは、電気の力を使って吸引するタイプのタバコを指します。紙巻きタバコと違って、ライターの火は使いません。一般的に、フレーバーで香りや味をつけた、カートリッジに入ったリキッドを加熱させて蒸気化させる仕組みが多く採用されています。蒸気化された水蒸気を吸引することで、タバコと似たような味わいや香りを楽しみます。電子タバコは電気の力を使う点に特徴があるため、ほとんどのタイプで充電が必要になります。充電が切れると当然加熱が出来なくなるため、管理方法が従来のタバコと大きく異なります。

また区別して覚えておきたいのが、「加熱式タバコ」との違いです。加熱式タバコは電気の力を使って「タバコの葉」を加熱し、発生した煙を吸う点に特徴があります。前述したとおり、電子タバコは「リキッド」を使っている点において、加熱式タバコとは別のタバコと言えます。

結構ある!電子タバコのメリット

電子タバコの最大の特徴は、有害物質である「ニコチン」「タール」が全く、もしくはほとんど含まれていない点です。このため、自分の健康に影響を及ぼさない点は、大きなメリットと言えます。

また、カートリッジタイプが多く採用されているため、気分によって複数のフレーバーを使い分けて吸える点も大きなメリットです。従来のタバコですと、ある一定数は連続してそれを吸わなければなりません。しかし電子タバコなら、朝は子のフレーバー、昼は別のフレーバー、など気分次第でカートリッジを交換して吸うことが出来ます。

日本では、基本的に電子タバコのリキッドにニコチンは含まれていません。しかし、海外ではニコチンリキッドも発売されているため、ニコチンありのリキッドが欲しい方は海外経由で入手するようにしましょう。